ビタミンカスケードとは?分子栄養学から読み解くビタミンの吸収

ビタミンカスケード理論 ビタミンの吸収

ボディメイクをするときに、プロテインは最も大切なものとしてあげられますが、プロテインを身体に作用させるためにはビタミンミネラル欠かせない栄養素です。

しかし、「効果が体感できない」として摂取をやめてしまう方が多いのもまたビタミンならでは。

そこで今回は、なぜ「ビタミンの効果が現れにくいと感じるのか」、「効果を感じるにはどうすればいいのか」という点を、分子栄養学のビタミンカスケード理論に沿って、ご紹介します。

カスケード理論とは

カスケード理論とは ビタミンの吸収

まずはじめに、カスケード理論をご紹介します。

カスケード理論とは、三石巌氏によって提唱されたビタミンの体内の使われ方に関する理論です。

端的にいうと「ビタミンの体内での利用には優先順位があり、その優先順位の個人差DNAに依存する」という内容です。

例えば、同じ量のビタミンCを摂取している佐藤さんと鈴木さんの肌や疲労ストレスに差が出るのは、体内でのビタミンCの利用の仕方の違いだという理論のことです。

ビタミンカスケード理論の具体例

ビタミンカスケード理論の具体例 ビタミンの吸収

もう少し具体的な例をあげてみます。

先ほど同様ビタミンCの例で解説しましょう。

滝の最上流からビタミンC1000mgの水を流していきます。

最初の滝で「活性酵素の滝」に水が流れ落ち、次の滝で「肌の再合成の滝」に水が流れ落ち、三番目の滝で「鉄の吸収促進の滝」に水が流れるとしましょう。

ビタミンCは、約1000種類の効果があると言われていて、例えば「アルコール分解」もその一つですが、もうその分に流れる水はありません。

となると、この人がビタミンC1000mgとった時には、活性酵素・肌の合成・鉄の吸収の面では効果がありますが、「アルコール分解の効果はなかったね…」という風になってしまうのです。

これが実は、マルチビタミンのサプリを飲んでも効き目感じにくい理由の一つです。

コーディング  効果を感じるビタミンの摂取とは?

コーディング  効果を感じるビタミンの摂取とは?

この「体内におけるビタミンの使われ方」すなわち、目的とする物質ができるまでの代謝のことをまとめて「コーディング」というのですが、三石巌氏はすべての代謝を滞りなく達成し、カラダが目的とする物質を得られるような状態に保つことを「パーフェクトコーディング」と名付けました。

しかし、前述の通りコーディングの順番はDNAに依存しますので、人によってはビタミンCを摂取してコルチゾールの生成が一番最初におこなわれる人もいれば、インスリンから作用する人もいます。

つまり、ビタミンに限って言えば、効果を感じるために、効果を感じるだけ飲んでみるのも一つの摂取方法ということになります。

まとめ

今回は、カスケード理論における個人差はある前提で、効果を感じる程度の量を摂取してみるというビタミン事例を紹介しました。

今回のまとめとしては「効果を感じる程度のビタミンの量を摂取してみる」です。

国内だけでなくアメリカの摂取基準なども参考にしながら、是非みなさんもビタミン効果的に摂取してみてください。

>FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

最新の栄養学やトレンド情報、お得なサプリ情報が届きます。

CTR IMG