ダイエットにおすすめのMCTオイルとは?使用タイミングや効果を徹底解説!

ダイエットにおすすめのMCTオイルとは?使用タイミングや効果

料理には欠かせない油ですが、ダイエットに効果がある油があるとの情報をゲットしました!

その名もMCTオイル

最近流行りのMCTオイルですが、MCTオイルにはどのような効果があるのか知っている方は少ないと思います。

そこで今回はMCTオイル魔法のオイルと呼ばれる理由やMCTオイルの活用法について徹底解説していきたいと思います!

そもそもMCTオイルとは

そもそもMCTオイルとは

MCTオイルとは「中鎖脂肪酸」を指し、主にココナッツやパームなどのヤシ科の植物の実に多く含まれる天然成分のことです。

一時期流行ったココナッツオイルはこの中鎖脂肪酸を約60%含有しているオイルですが、この中鎖脂肪酸をほぼ100%まで高めたものMCTオイルなのです。

MCTオイルのダイエット効果

医療のみならず、現在ではダイエットに対して高い評価を受けているMCTオイル

現役のモデルはもちろん、フィットネスに通っている人まで、ダイエットを必要とする方々が使用しています。

では、なぜMCTオイルがここまでダイエット業界で注目を帯びているのかをご紹介していきましょう。

太らない魔法の油

MCTオイル 太らない魔法の油

MCTオイルは非常に高いエネルギー変換効率を持っているため、太らない油として有名です。

エネルギーは主に摂取したカロリーを熱に変えることで生み出されますが、このカロリーを熱に変えきれず残ったカロリーは脂肪へと蓄えられ太ってしまいます

つまり、熱に変えられやすいカロリー程太りずらいと言い換えることができるということです。

MCTオイルはなんと一般的な脂質の約4倍ものエネルギー変換効率を持ち、さらに、最もエネルギー変換効率が高いと言われている糖質よりもエネルギー変換効率が高いのです!

MCTオイルのエネルギー変換効率の高さ

MCTオイルのエネルギー変換効率の高さ

では、なぜMCTオイルのエネルギー変換効率が高いのか解説していきましょう。

そもそも脂質にはMCTオイル以外にも様々な種類が存在し、大きく分けて長鎖脂肪酸中鎖脂肪酸に分けられます。

長鎖脂肪酸はごま油やナタネ油オリーブオイルのようなごく一般的な脂質で、日常的に多く使用されており、中鎖脂肪酸は先ほどからご紹介しているMCTオイルのことを指します。

長鎖脂肪酸中鎖脂肪酸の違いはその連結の長さです。

中鎖脂肪酸長鎖脂肪酸と比べて成分同士の連結数が少なく、長さも短いので速やかに分解されエネルギーへと変わるのです。

MCTオイルのダイエット活用法

ここまでMCTオイルエネルギー変換効率が高いことをご説明してきましたが、MCTオイルにはその他にもダイエット効果や活用法があるのです。

いくつかご紹介していきましょう。

1日の食事量を減らす完全無欠コーヒー

1日の食事量を減らす完全無欠コーヒー

完全無欠コーヒーはMCTオイルの代表的な活用法です。

完全無欠コーヒーとは単純にコーヒーにMCTオイルを入れたもので、MCTオイルのような良質な脂質は余計な飲食を防ぐことに役立ちます。

また、良質な脂質は血糖値の上昇が少なく、この血糖値とダイエットは深い結びつきがあります。

血糖値を上げる事のないMCTオイルは食欲を抑制し、余計な飲食を防ぎ、結果的にダイエットに使えるのです。

また、MCTオイルの摂取量ですが、基本的には完全無欠コーヒーや料理に一日小さじ2杯程度を目安に摂取すると良いでしょう。

体を脂肪燃焼体質へ

体を脂肪燃焼体質へ

MCTオイルのもう一つの大きな特徴として、ケトン体質(脂肪燃焼体質)への転換促進効果があげられます。

B-OHB can be raised naturally by induction of nutritional ketosis, which is a normal physiological response to severe reductions in carbohydrate or caloric intake. In this state, free fatty acids are converted to ketone bodies (primarily B-hydroxybutyrate [B-OHB]) by the liver in order to provide essential fuel for metabolically active tissues.

B-OHB=B-ヒドロキシブチレート

引用:The Effect of Raising Ketones Directly With MCT Oil on Inflammation in Healthy Young Adults

カナダのブリティッシュコロンビア大学が2018年におこなった研究では、B-OHBは、栄養ケトーシスの誘導によって自然に上昇する可能性があるとのこと。

この状態では、代謝的に活性な組織に不可欠な燃料を提供するために、肝臓によって遊離脂肪酸がケトン体(主にB-ヒドロキシブチレート[B-OHB])に変換されると述べています。

MCTオイルは何よりも早くケトン体へと変化し、エネルギーとして変換されることから、人間の身体がケトン体をエネルギーとして使用することに慣れ、他の脂質のエネルギー変換効率を高めてくれるのです。

まとめ

今回はMCTオイル効果ダイエットとの関係性について解説しました。

MCTオイル万能な魔法のオイルです。

1日の食事に少しずつ取り入れるところから始めてみましょう!

>FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

最新の栄養学やトレンド情報、お得なサプリ情報が届きます。

CTR IMG