脂溶性スタチンは肝細胞癌のリスクを減らす?研究結果に基づき徹底解説!

脂溶性スタチンは肝細胞癌のリスクを減らす

最新の研究で脂溶性スタチン肝細胞癌のリスクを減らすという結果が発表されました。

今回は脂溶性スタチン研究結果、またスタチンの種類について解説していきたいと思います!

脂溶性スタチンの効果

脂溶性スタチンの効果

スタチン治療を受けているウイルス肝炎患者と傾向スコアがマッチするスタチンを使っていないウイルス肝炎患者のHCC発症率を比較して、脂溶性スタチンによる治療を受けていた患者は、スタチンを使っていない患者よりも発症率が低かったが、水溶性のスタチンでは有意差は見られなかったと報告した。

引用:日経メディカル

本来、肝炎ウイルス(HBV/HCV)の慢性感染者は肝細胞癌(HCC)の発症率が高いのですが、脂溶性スタチンによる治療を受けていない患者に比べ、脂溶性スタチンによる治療を受けていた患者の方が発症率が低かったという研究結果です。

スタチンの種類

シンバスタチン

脂溶性スタチン シンバスタチン

シンバスタチンは高脂血症、家族性高コレステロール血症に効果があると言われています。

人によっては腹痛や吐き気、貧血、テストステロン低下などの副作用があるため注意が必要です。

シンバスタチンの制限量は、5mgを1日1回です。

LDL−コレステロール値の低下が不十分な場合は1日20mgまで増量できると言われています。

アトルバスタチン

脂溶性スタチン アトルバスタチン

アトルバスタチンは高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症に効果があると言われています。

人によっては下痢や頭痛、不眠などの副作用があるため注意が必要です。

アトルバスタチンの制限量は、アトルバスタチンとして10mgを1日1回です。
重症の場合は1日20mgまで増量できると言われています。

また、家族性高コレステロール血症は、重症の場合1日40mgまで増量できると言われています。

プラバスタチン

脂溶性スタチン プラバスタチン

プラバスタチンは高脂血症、家族性高コレステロール血症に効果があると言われています。

人によっては発疹や肝機能異常、尿酸値上昇などの副作用があるため注意が必要です。

プラバスタチンの制限量は、プラバスタチンナトリウムとして1日10mgを1回又は2回に分けての摂取です。

重症の場合は1日20mgまでと言われています。

ロスバスタチン

脂溶性スタチン ロスバスタチン

ロスバスタチンは高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症に効果があると言われています。

人によっては筋肉痛や蕁麻疹、腹痛などの副作用があるため注意が必要です。

ロスバスタチンの制限量は、1日1回2.5mgです。

また、早期にLDL−コレステロール値を低下させる必要がある場合には5mg、家族性高コレステロール血症患者などの重症患者に限り1日最大20mgまでと言われています。

まとめ

今回は脂溶性スタチンの研究結果と脂溶性スタチンの種類を解説しました。

癌の発症率を低下させると言われている脂溶性スタチン。

今後医療業界でも徐々に取り入れられていくのでしょうか?

今後癌を直す効果のある治療が出てくることを待ちましょう! 

>FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

最新の栄養学やトレンド情報、お得なサプリ情報が届きます。

CTR IMG