テクノジムがクラウドとカーディオコンソールを利用した次世代型マラソンレースを開催!

テクノジム 次世代型マラソンレースを開催

テクノジム ジャパン株式会社はカーディオコンソール「UNITY3.0」を搭載した同社のトレッドミルを利用した次世代型マラソンレースを開催しました

今までとは全く異なる形でのマラソンレース開催。

今後導入が増えていくであろう、次世代型マラソンレースについて解説していきたいと思います!

「UNITY3.0」と「mywellness」

テクノジム 「UNITY3.0」と「mywellness」

「UNITY3.0」と言われるAndroidベースのカーディオ機器向けコンソールを利用し、マラソンを行います。

また、スマートフォンのmywellnessアプリを使ってマシンにログインすることで、様々なコースの中で走っているような体感をすることができるため、リアリティーも求めている方からも評判が良いのが特徴です。

また、再現度が高く、本物のコースを再現した傾斜レースモードを備え付けているため、実際にコースにいる気分や周りのランナーとの競争が楽しめます。

次世代型マラソンレースとは

次世代型マラソンレースとは

今までのマラソンレースは道路を使用しおこなっていましたが、この形以外のマラソンレースが開催されています。

その名も次世代型マラソンレース

今回テクノジムが開催した次世代型マラソンレースは、上記で説明したレース機能を利用して開催されたレースです。

「UNITY3.0」に搭載されているネットワーク機能により、別の場所にいるランナー同士がコンソール上で同じコースを走ることにより、強い相手と競い合うことができるという仕組みです。

リアルタイムでの順位が表示されることによりペース配分を考えることができ、画面上で激しく順位が入れ替わるのも見どころの一つです。

次世代型マラソンレースのメリット

次世代型マラソンレースのメリット

メリットは何と言っても、気軽に誰でも参加できることでしょう。

一人で走っているという感覚より応援されているという感覚の方が大きいため、力が湧いてくるそうです。

また、初心者の方でも走れるよう、5km、10kmなど数回に分けて走ることも可能なので、誰でも気軽にエントリーすることができます。

すでにマラソンをやっている上級者の方は、自身のレベルを再確認するためにも利用できるので、おすすめのトレーニング方法です。

まとめ

今回は最新の次世代型マラソンレースについて解説しました。

実際の道路ではなく、ジム内でのマラソンレースというものが開催される未来もそう遠くないでしょう。

今後の展開に期待しましょう!

>FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

最新の栄養学やトレンド情報、お得なサプリ情報が届きます。

CTR IMG