広背筋の筋トレにはロープ登りが有効?その真相を徹底解説!

広背筋の筋トレにはロープ登りが有効?その真相を徹底解説!

筋肉の一種である広背筋ですが、後ろ姿をかっこよく見せるためには広背筋を大きくするのが効果的です。

そんな広背筋ですが、どのように鍛えるのが効果的なのでしょうか?

実は、広背筋はロープ登りで鍛えられるとのこと!

今回はロープ登りの効果や鍛えられる筋肉について徹底解説していきたいと思います。

広背筋の筋トレにはロープ登り

ロープ登り

体育会系の部活動に入っていた方は、一度はやったことがあるであろうロープ登り

昔から現在までトレーニング方法として取り入れられているロープ登りですが、多くの筋肉を使うイメージがあります。

そんなロープ登りですが、どのような効果があるのでしょうか。

広背筋の強化

広背筋の筋トレ 広背筋の強化

ロープ登りで一番鍛えられるのが広背筋です。

ロープ登りは脚を使わず腕の力だけで登っていきますが、腕の筋肉だけで登ることはできません。

その際に必要になってくるのがこの広背筋

背中の力を使って登ることにより、腕の疲労を最低限にとどめてくれます。

広背筋を意識しながらロープ登りをするのがおすすめです!

上腕二頭筋の強化

広背筋の筋トレ 上腕二頭筋の強化

ロープ登りといえば、上腕二頭筋というイメージが強いでしょう。

実際、ロープ登りには上腕二頭筋が必要になりますが、メインで使いすぎるとそもそも上に登っていくことができません。

上腕二頭筋は、力を入れすぎなくてもロープ登りでは十分に筋肉がつくので、広背筋を意識しながら上腕二頭筋を使うことをおすすめします。

上腕三頭筋

広背筋の筋トレ 上腕三頭筋

最後に鍛えられる筋肉が上腕三頭筋

これは意外だと思う方も多いかと思いますが、上腕二頭筋だけでなく、上腕三頭筋も鍛えられるんです

上腕三頭筋はロープ登りには欠かせない筋肉で、上腕二頭筋だけを使ってしまうと疲労の蓄積が早まるため、上腕三頭筋もうまく使わなければいけません。

ロープ登りのコツを伝授!

ロープ登り

ロープ登りがうまくできない、途中で疲れてしまうという方。

ロープ登りにはコツがあります!

ロープ登りができない方の特徴としては、腕の力だけに頼って登ってしまうため、登り切るより前に疲労が勝ってしまいます。

そんな方は、上記で述べてきたように広背筋を意識して登ってみてください!

広背筋に意識を向けることにより、腕の力が抜けスムーズに登っていくことができるようになります。

ロープ登りは広背筋をはじめ、上半身の筋肉全てをうまく使いながら登っていきましょう!

決して腕の力だけで登ってはいけないということは頭の中に入れておいてください。

まとめ

今回はロープ登りの効果や広背筋の使い方について解説しました。

ロープ登りは上半身の筋肉を上手に使うことによって、登れるようになります。

何度もトライして、身体で登るイメージを掴みましょう!

>FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

最新の栄養学やトレンド情報、お得なサプリ情報が届きます。

CTR IMG