禁酒で眠いのはなぜ?禁酒と睡眠の意外な関係とは

禁酒は眠いのはなぜ?禁酒と睡眠の意外な関係とは

ダイエットのため、健康のため、色々な理由はあるにせよ、多くの人が一度は志す、「禁酒」。

しかしながら、今までお酒を飲んでいた時はぐっすりねれたのに、禁酒した途端に急に寝つきが悪くなり、その結果睡眠不足になって、日中眠いというのはよくあることです。

そこで今回は、禁酒と睡眠の関係を解説します。

飲んだお酒が排泄されるまでの流れ

飲んだお酒が排泄されるまでの流れ

まず、禁酒と睡眠の関係の前に、飲酒と睡眠の関係の前に、まずは飲んだお酒の代謝経路について解説します。

お酒を飲むと、だいたいは胃腸で吸収され、体内に流れますが、体内のアルコールのほとんどが肝臓で分解されてアセトアルデヒドに変わります。

アセトアルデヒドは、アセテート(酢酸)に分解され、アセテートは血液中から全身をめぐり、筋肉や脂肪組織水と二酸化炭素に分解されて排出されます。

この過程の中で、摂取されたアルコールのうち数%は、尿や汗などとして排泄されます。

これが主なアルコールの代謝経路です。

禁酒で眠くなる理由

お酒を飲むとリラックスすることによって眠くなる人もいます。

これは、血液に乗って脳に到達したアルコールが脳の網様体を麻痺させ、大脳皮質の活動を低下させるためです。

この大脳皮質は理性をコントロールする部分なので、その活動が低下することで眠気を感じたりします。

しかし、禁酒をすることにより、大脳皮質は活発に動いた状態なので、普通はむしろ眠くないはずです。

それではなぜ、「禁酒すると眠くなる」のでしょうか。

深い睡眠がとれなくなる

禁酒で眠い理由 深い睡眠がとれなくなる

禁酒をすると眠くなるのは、実は「アルコールが眠くなる裏返しだ」とされています。

アルコールは、いくつかの研究によれば「高用量のアルコールで深い眠りが増加した」という結果が出ています。

逆にいうと、アルコールをやめることで寝つきが悪くなり、深い睡眠が取れなくなってしまうということです。

浅い睡眠は日中の眠気の原因に

禁酒で眠い理由 浅い睡眠が、日中の眠気の原因に

前述したような浅い睡眠では、当然睡眠の質は高いとは言えません

したがって、同じ時間睡眠をとっても脳は十分な休息を得られておらず、日中はかえって眠いと感じてしまいます。

そして、またよく眠るためにアルコールを摂取してしまい、結局禁酒できなかったという人も多く見かけます。

これでは負のサイクルです。

睡眠の質を高める断酒の勧め

禁酒 睡眠の質を高める断酒の勧め

この負のサイクルを止めるには、健康にいいお酒を少しだけ飲むという方法をおすすめします。

例えば、赤ワインはポリフェノールが含まれていて抗酸化作用が高く、ゆっくり楽しむことができます。

また、アルコールの匂いや感覚で神経がリラックスするので、質の良い睡眠につなげることができます。

このように、急にゼロにするのではなく「ゆっくり適量」を楽しむことで、日中の眠気もなく、禁酒に近づくことができます。

年齢を重ねるごとに弱くなっていく

年齢を重ねるごとに弱くなっていくので、量はだんだん減らすこと

ちなみに、赤ワインなど身体にいいお酒も適量をとることが大事。

そしてその「適量」は年齢によってだんだん減少するのは知っておくべきです。

これには体内の水分量が関係しています。

人間の体内の水分量は生まれたてが一番多く、80%以上が水分だと言われています。

しかし、それから徐々に低下していき、還暦の時には50%ほどまで落ちるとも言われています。

前述した通りアルコール分解には水分を使いますが、歳をとればとるほど体内の水分は少ないので、アルコールは分解しにくくなるということです。

つまり、日中の眠気や浅い睡眠から逃れるには、いいお酒をゆっくり、少ない量だけ楽しむことが大切です。

まとめ

今回は禁酒による眠気について徹底解説しました。

禁酒といって急に全く飲まなくなると、睡眠が浅くなり、続かないものです。

年齢に応じて徐々にお酒は弱くなるので、減らすことは大切ですが、赤ワインなどの健康にいいお酒をうまく利用して、日中眠くならないような禁酒を心がけましょう。

>FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

最新の栄養学やトレンド情報、お得なサプリ情報が届きます。

CTR IMG