⑨丸くて大きい肩を作る方法!肩のトレーニング・筋トレ方法をご紹介!

丸くて大きい肩を作る方法!肩のトレーニング・筋トレ方法

前回はふくらはぎを鍛える方法をご紹介しました!

最近はフィジーク選手の影響もあり、肩のトレーニングが人気ですね!

大きな肩は逆三角形の身体を作るのに非常に重要です。

ですが、肩は非常にデリケートな部位のため、怪我をしやすい筋肉でもあります。

そこで今回は、メロンのような丸くて大きな肩を作るトレーニングをご紹介します!

肩の筋肉

肩の筋肉

肩の筋肉は三角筋と呼ばれ、前部、中部、後部の3つに分かれています。

それぞれをバランスよく鍛える必要がありますが、前部と中部を鍛える種目に比べて後部の種目は地味なので、おろそかになりがちです。

逆三角形の身体を作るには、後部のトレーニングが必須になってきますので、しっかりと鍛えていきましょう。

肩のトレーニング種目

肩のトレーニング種目

それでは、肩のトレーニング種目をご紹介します!

前部、中部、後部をバランスよく鍛えて、かっこいい腕を作りましょう!

バーベルショルダープレス

肩のトレーニング バーベルショルダープレス

プレスの種目で高重量が使えるため、肩の全体的なボリュームを作るのに向いています。

立っておこなうスタンディングポジションや、座っておこなうシーテッドポジションなど、バリエーションが豊富にあるのが特徴です。

色々と変えながら肩を刺激していきましょう!

ダンベルサイドレイズ

肩のトレーニング ダンベルサイドレイズ

肩の中部に主に効かせる事ができる種目で、サイドの張り出しを作ることができます。

また、反動を使って高重量を扱ったり、軽い重量で丁寧に効かせたりと、やり方の幅もある種目です。

コツとしては一番上まで挙げたポジションで少し止めて耐えるテクニックもありますので、試してみて下さい。

バーベルフロントレイズ

肩のトレーニング バーベルフロントレイズ

この種目は肩の前部に効かせることができます。

この部分はベンチプレスなどの胸の種目でも使用する筋肉のため、オーバーワークにならないように気をつけましょう

また、あまり反動を使いすぎると効かせ難くなりますので、軽めの重量で丁寧に動作をおこなうことをおすすめします。

ケーブルリアレイズ

肩のトレーニング ケーブルリアレイズ

この種目は肩の後部に効かせることができます。

後部を鍛えて大きくする事で、横から見た時に丸くて大きな肩に見えます。

初めのうちはなかなか効かせずらい部位ですが、根気よく続けることで徐々に意識ができるようになるはずです

まとめ

今回は大きい肩を作るトレーニングについてご紹介しました。

肩の筋肉は、腕の力を背中や胸に伝えるのにも非常に重要です。

肩がパワーアップすればベンチプレスの重量も伸びるはずです。

やりすぎると痛みがでやすい筋肉なので、オーバーワークには注意しましょう!

>FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

最新の栄養学やトレンド情報、お得なサプリ情報が届きます。

CTR IMG