ビタミンBの過剰摂取は問題あり?!股関節骨折のリスクが上昇するとの研究結果が明らかに!

ビタミンBの過剰摂取は問題あり?

最新の研究でビタミンB6とビタミンB12を過剰に摂取することによって、股関節骨折のリスクを高める可能性があるとの研究が発表されました。

今回はアメリカでおこなわれた閉経女性を対象とした研究結果をご紹介します。

アメリカでのサプリメント摂取率

アメリカでのサプリメント摂取率

アメリカでは、成人の2人に1人がなんらかのサプリメントを使用していると言われています。

その使用率は、年齢とともに高くなっており、その中でもビタミンのサプリメントはダントツで多いとのことです。

また、サプリメントの摂取量を大きく超えて摂取している方が多く、以前からビタミンサプリの高摂取は身体に有害であると言われてきていました。

ビタミンのサプリメントを過剰摂取してしまうと、危険性の方が高くなります。

今回の研究結果

今回の実験では、条件を満たした閉経女性7万5864人を、1984年6月から2014年5月まで平均20.9年追跡し、股関節骨折の有無を調べました。

食物摂取とサプリメントの使用に関する調査は4年ごとに行い、食物とサプリメントからのビタミンB6とB12の摂取量の平均を算出しました。

その結果、ビタミンB6とB12の両方を治療目的で高用量投与された高ホモシステイン血症の患者において、股関節骨折のリスクが上昇したということが判明しました。

詳しく説明していきましょう。

ビタミンB6・B12の摂取量が多いと骨折リスクが上昇

ビタミンB6・B12の摂取量が多いと骨折リスクが上昇

骨折者のビタミンB6の摂取量は1日当たり3.6mgで、ビタミンB12は12.1μgでした。

これらは、米国における成人向けの1日当たりのビタミンB6の推奨量が1.3~1.7mg、ビタミンB12が2.4μgを大きく上回った数値を示していたとのことです。

今回の研究では、ビタミンB6の1日当たりの摂取量2mg未満、2~4.9mg、5~14.9mg、15~34.9mg、35mg以上のグループ、ビタミンB12についても5μg未満、5~9.9μg、10~19.9μg、20~29.9μg、30μg以上のグループと階級を5段階に分けて研究しています。

この結果、食物とサプリメントからのビタミンB6の1日当たりの摂取量が最も多い35mg以上のグループの股関節骨折リスクは、2mg未満の1.29倍に上昇していたとのことです。

これはかなりリスクが大きくなったと言えるのではないでしょうか?

同様に、ビタミンB12の1日当たりの摂取量が最も多い30μg以上のグループでは、5μg未満のグループに比べて骨折リスクが1.25倍となり、やはり摂取量が増加するほど骨折リスクが上昇していました。

この結果から、ビタミンB6は1日の平均摂取量が10mg増えるごと骨折リスクが2%上昇し、ビタミンB12は10μg増えるごとに1%上昇していました。

最も股関節骨折が高かったグループ

最も股関節骨折が高かったグループ

今回の研究で最も股関節リスクが高かったのは、ビタミンB6とB12の両方を過剰摂取していたグループで、1日当たりの摂取量が「B6が35mg以上、B12が20μg以上」だった女性では、「B6が2mg未満、B12が10μg未満」の最低摂取群に比べ、股関節骨折リスクがなんとい1.47倍になっていました。

この研究結果からビタミンサプリメントの過剰摂取には注意が必要ということがより分かりやすくなりました。

まとめ

今回はビタミンB6とビタミンB12が、股関節骨折のリスクを高める可能性があるという研究結果についてご紹介しました。

サプリメントはあくまでも補助の役割です。

過剰摂取してしまうと、身体にいいものが悪いものに変わってしまうため、しっかりと摂取量を守って使用しましょう!

原文:Association of High Intakes of Vitamins B6 and B12 From Food and Supplements With Risk of Hip Fracture Among Postmenopausal Women in the Nurses’ Health Study

>FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

最新の栄養学やトレンド情報、お得なサプリ情報が届きます。

CTR IMG