これからの季節必見!インフルエンザ対策にはビタミンが有効?!

インフルエンザ対策にはビタミンが有効

これからの季節流行るのがインフルエンザ

インフルエンザにはワクチンしか効かないと思われがちですが、意外にも有効な成分があります。

それは、ビタミン

今回はインフルエンザ対策に有効なビタミンをいくつかご紹介していきましょう!

インフルエンザの予防策

インフルエンザの予防策

厚生労働省では、これからの季節に起こりやすいインフルエンザの予防策をいくつか公開しています。

  • 流行前のワクチン接種
  • 飛沫感染対策としての咳エチケット
  • 外出後の手洗い、アルコール消毒等
  • 適度な湿度(50~60%)の保持
  • 十分な休養とバランスのとれた栄養摂取
  • 人ごみや繁華街への外出を控える

まずインフルエンザの予防策として挙げられるのが、ワクチン接種と手洗いうがい

これは誰もが一度は聞いたことがあるかと思いますが、手洗いうがいはとても大切です。

それに加えて、やはり食生活をしっかりとして、栄養を補給することがインフルエンザ予防の最善策でしょう。

その中でも特に必要なビタミンはしっかりと食事から摂取しましょう。

インフルエンザに有効なビタミン

では、有効なビタミンの種類には、どのようなものがあるのでしょうか?

いくつかご紹介していきましょう。

ビタミンA

インフルエンザに有効なビタミン ビタミンA

まずは、ビタミンの中でもビタミンAインフルエンザ予防に効果があると言われています。

ビタミンAは正常視力や免疫効果皮膚や粘膜を正常に保つには欠かせない栄養素の1つです。

特に、鼻や喉の粘膜はインフルエンザウイルスを体内へ侵入させずらくするため、しっかりと摂取しましょう。

ビタミンDと同時に摂取するときは、ビタミンAの欠乏症状が起こりやすいため、注意しましょう。

1日に摂取するビタミンAの推奨量は約700~1000μgと言われています。

ビタミンAが豊富に含まれている、レバーや魚介類を積極的に摂取しましょう。

ビタミンC

インフルエンザに有効なビタミン ビタミンC

風邪の予防に効果のあるビタミンCですが、インフルエンザにも効果があると言われています。

ビタミンCは今まで様々な研究がおこなわれており、その中でも発熱やストレス等で過剰に発生する活性酸素の消去ウイルスの不活性化、ウイルスと戦うインターフェロンの産生促進免疫機能の増強はよく知られています。

ただし、ビタミンCがインフルエンザに効果的であるかは、未だ賛否両論があるようです。

1日に摂取するビタミンCの推奨量は成人で約100mgと言われています。

ビタミンCを多く含む、ブロッコリーピーマンなどの野菜、ジャガイモなどの芋類を積極的に摂取しましょう!

ビタミンD

インフルエンザに有効なビタミン ビタミンD

私たちの身体は日光の皮膚反射によってビタミンDを合成することができますが、冬場は日照時間が短くなるため、ビタミンDが不足しやすくなると考えられます。

1日に摂取するビタミンDの推奨量は約5.0μgと言われています。

ビタミンDを多く含む、キノコシメジなどのキノコ類、魚介類を積極的に摂取しましょう!

まとめ

今回はインフルエンザ予防に効果のあるビタミンについてご紹介しました。

インフルエンザは普段の食生活を改善すれば、防げる可能性があります。

しっかりと栄養素を摂って、インフルエンザに備えましょう!

>FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

最新の栄養学やトレンド情報、お得なサプリ情報が届きます。

CTR IMG