即時型食物アレルギーと遅延型食物アレルギーとは?反応や改善策を解説

即時型食物アレルギーと遅延型食物アレルギーとは

みなさんは即時型食物アレルギー遅延型食物アレルギーをご存知ですか?

あまりこの言葉自体は知られていませんが、言葉からこの言葉の意味が読み取れるかと思います。

私たちがいつも摂取している食事からアレルギー症状が出る場合、即時型食物アレルギー遅延型食物アレルギーの2つに分かれます。

今回は即時型食物アレルギー遅延型食物アレルギーとは何か、また、即時型食物アレルギー遅延型食物アレルギーを発症する成分、そして改善するためにはどうすればいいかについて徹底解説していきます。

そもそも即時型食物アレルギーとは

そもそも即時型食物アレルギーとは

即時型食物アレルギーとは、名前からもわかるように、各自がもっているアレルギー症状の食べ物を摂取した場合、すぐにアレルギー反応が起こります。

摂取後すぐにアレルギー反応を起こすため、比較的自分のアレルギーがわかりやすく、すぐに対応をすることが可能です。

多くの場合は、アレルギーの原因となる食べ物を食べてから約2時間以内に症状が出ると言われており、早いものだと30分程度でアレルギー症状が現れます。

この即時型食物アレルギーは、「I型」というタイプですが、発症の種類は花粉症、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、食物アレルギーなどです。

症状としては、皮膚・粘膜が炎症をして起こる蕁麻疹やむくみ消化器官や呼吸器官が炎症をして起こる喘息や咳、嘔吐、下痢などが挙げられます。

最悪の場合、血圧が急激に低下して起こるアナフィラキシーショックを発症してしまうこともありますので、即時型食物アレルギーには注意が必要です。

そもそも遅延型食物アレルギーとは

そもそも遅延型食物アレルギーとは

次に、遅延型食物アレルギーとは、アレルギー症状が数時間では現れず数日経ってから現れるため、自分自身では気が付きにくいです。

例えば、ある食べ物を食べた2~3日後湿疹や蕁麻疹が現れたり、急にめまいがして体調が悪くなったりといった様々な症状が出てきます。

遅延型食物アレルギーは、症状が出るのが遅いため、症状の原因を特定するまでにかなりの時間がかかってしまい、その間にも遅延型アレルギー症状が出る食べ物を食べ続ければ、そもそも体調が改善しないため、ずっと苦しみ続けることになってしまうのです。

遅延型食物アレルギーの成分を発見した時は、いつも食べている意外なものということもあるようで、この成分の特定には、しっかりとした検査が必要です。

さらに、遅延型食物アレルギーの成分は私たちの食生活の中に当たり前のように含まれている成分の場合もあるため、アレルギー症状が分かったとしても、その後の食生活が大きく変わることも大きな懸念点です。

普段の食生活が変わることによって、栄養不足に陥る方もいますので、食生活には注意しましょう。

即時型食物アレルギーの特性を持つもの

ここまで即時型食物アレルギー遅延型食物アレルギーについて解説してきましたが、実際には、どのような食べ物にこのアレルギー症状が発症する可能性が高いのでしょうか?

まずは、即時型食物アレルギーを発症させる確率が高い食べ物をご紹介します。

個人差にもよるため、他の成分で発症する可能性も大いにあります。

アレルギー検査などでしっかりと自分が持っているアレルギーをまずは知ってください。

生の果物や野菜

即時型食物アレルギーの特性を持つもの 生の果物や野菜

まず即時型食物アレルギーの代表的なものとしてあげられるのが、生の果物や野菜です。

これらの食べ物は、特にアレルギー反応が出やすいと言われています。

これは各自の個人差によって変わってくるため、自分が持っているアレルギー症状によって変わってきます。

代表的な果物は、キウイ、リンゴ、桃、メロン、ブドウ、バナナなど、野菜は、きゅうり、スイカ、トマトなどです。

このアレルギー反応には、特定の植物や花粉症が関連していると言われています。

症状としては、食べた直後に痒みや腫れなどの口腔アレルギー症候群の症状が見られ、無理をして食べてしまうと、呼吸器症状やアナフィラキシーショックを起こす危険性もあります。

また、アレルギーの症状が強い方は、果汁が皮膚について接触蕁麻疹を起こすこともありますので、注意が必要です。

大豆

即時型食物アレルギーの特性を持つもの 大豆

大豆アレルギーの方は、大豆が香料などに混ざって使用されている場合もありますので、注意が必要です。

大豆は、卵や牛乳と並んで湿疹を誘発しやすい「3大アレルギー」です。

大豆アレルギーは、上記で述べた果物や野菜と同様、食べた直後に痒みや腫れなどの口腔アレルギー症候群の症状が見られます。

大豆は昔から油料理スナック菓子味噌醤油などに使用されており、大豆を避けるとなると、かなりの食事が食べれなくなるほどだったようです。

大豆アレルギーは少量ではアレルギー反応が現れない方、少量でも現れる方がおり、これはしっかりと検査をしないとわからないため、注意が必要です。

Fit Piper編集部では、トレーニング向けの記事も書いていますが、その中で出てくるのがプロテイン。

プロテインには、ホエイ、ソイ、ピーの3種類が主流ですが、この中のソイプロテインは大豆を原料として製造されています。

そのため、大豆アレルギーの方は、ソイプロテインが飲めず、タンパク質不足に陥る方が多いため、食事やその他のプロテインから摂取します。

しかし、大豆アレルギーに加えて、次で述べる牛乳アレルギーがある方はさらに、ホエイプロテインも飲むことができないため、アレルゲンがないピープロテインからの摂取しかなくなってしまうということです。

最近は大豆が含まれていない調味料なども増えていますので、大豆アレルギーがある方は探してみましょう。

遅延型食物アレルギーの特性を持つもの

即時生食物アレルギーが現れる食べ物について解説しましたが、次は遅延型食物アレルギーの特性を持つ成分をご紹介します。

実は、みなさんがいつも摂取している牛乳小麦もアレルギー症状があります。

牛乳(ホエイ)

遅延型食物アレルギーの特性を持つもの 牛乳(ホエイ)

牛乳に含まれている乳糖(ラクトース)が消化吸収のため分解するラクターゼという消化酵素が原因で、消化不良腹部不快、腹痛、下痢といった症状が出てきます。

牛乳には牛乳アレルギー乳糖不耐症がありますが、牛乳アレルギー食物アレルギーに分類されており、乳糖不耐症よりも深刻な病態です。

この牛乳は遅延型で現れることが多く、数日後になってこれらの症状が現れます。

そのため、原因が特定しずらい成分の1つで、この乳糖不耐症は日本人に多く存在するとも言われています。

もし、今までに牛乳を飲んだ後にお腹が弱くなる、また、お腹に違和感を感じたことがある方は乳糖不耐症、もしくは牛乳アレルギーを疑った方が良いかもしれません。

特に、子どもの頃に牛乳を飲んでお腹が弱くなっていた方は、要注意です。

そして、牛乳は最近デメリットがあるとの研究も報告されておりますので、摂取を控えたとしても、身体に悪影響を及ぼすものではないでしょう。

小麦(グルテン)

遅延型食物アレルギーの特性を持つもの 小麦(グルテン)

実はこの小麦にもアレルギー症状が現れる方がいます。

これは、グルテン不耐性セリアック病と言われていますが、身体のだるさ吐き気、嘔吐など様々な症状が出てきます。

小麦はパンパスタ、クッキー、加工食品など様々な食べ物に含まれていますが、このグルテンでアレルギー症状が出るとなると、かなりの食事を見直さなければなりません。

つまり、食生活が変わるため、食生活が最も崩れやすいとも言われています。

また、小麦のアレルゲンは、パンクッキーのように高熱で焼かれてもアレルゲン性が低下することがないというのも厄介なポイントです。

最近は、日本でもグルテンが含まれていない麺やパンが出てきていますので、一度チェックしましょう。

即時型食物アレルギーと遅延型食物アレルギーを改善するには

即時型食物アレルギーと遅延型食物アレルギーを改善するには

上記で即時型食物アレルギー遅延型食物アレルギーを解説してきましたが、どのように改善すればいいのでしょうか?

結論からして、アレルギーはそう簡単には改善できないということです。

では、どうすれば良いのか、それは、アレルギーが出ない食事からしっかりと栄養を補給することです。

アレルギーがある方は、食事が限られてくるため、アレルギーがない方に比べるとどうしても栄養が偏りやすくなる傾向があります。

この中でも特に遅延型食物アレルギーは、発見するまでに時間がかかり、さらには原因が特定できない場合もありますので、しっかりと検査をしましょう。

遅延型食物アレルギーの中でも、牛乳小麦は日常の食事の中に多く含まれているため、食生活が偏らないように注意が必要です。

牛乳や小麦を摂取した数日後腹痛下痢身体のだるさが起こる場合は一度牛乳小麦を食事から抜いてみてください。

最近では、牛乳アレルギーの方のタンパク質不足を補うために使用されているピープロテインや小麦などのグルテンを使用していないグルテンフリー食事が多く出てきていますので、一度探してみるのもいいかもしれません。

まとめ

今回は即時型食物アレルギー遅延型食物アレルギーとはなにか、即時型食物アレルギー遅延型食物アレルギーを発症する成分と改善する方法について解説してきました。

そちらのアレルギーも危険性が高く、避けるのが一般的ですが、その中でも遅延型食物アレルギーは原因が判明するまでに長い時間がかかる可能性もあります。

そのため、まずは自分が遅延型食物アレルギーなのかについて検査をし、はっきりと不調の原因である成分を特定することが重要です。

最近は牛乳に含まれるラクトースなどを排除した成分や小麦に含まれるグルテンを排除した製品もありますので、自分の身体の改善のためにも、探してみてみましょう。

>FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

最新の栄養学やトレンド情報、お得なサプリ情報が届きます。

CTR IMG