AppleからAirPods Proがついに登場!AirPods 2との変更点を比較!

AppleからAirPods Proがついに登場!AirPods 2との変更点を比較!

ついにあのAirPods Proが10月30日から販売を開始しました。

今年の3月にAirPods 2が発売されたのが、それから約半年での新シリーズとなると、期待が高まります。

以前のAirPods 2とは、どの点が変更されたのでしょうか?

注目すべきは、AirPods Proにはアクティブノイズキャンセリング機能がついたこと。

今回はAirPods 2とAirPods Proの変更点スペックについてご紹介していきたいと思います。

AirPods 2からの変更点

まず気になるのは、AirPods 2からの変更点。

今回発表されたAirPods Proはかなりの変更点があったようです。

デザイン性

AirPods 2からの変更点 デザイン性

AirPods Pro」は、「AirPods 2」に比べてデザインが大幅にリニューアルされました。

大きさや形状が大きく変わっています。

まず、本体ですが、長さが短くなり、耳に引っ掛けるタイプから耳に挿入するカナル型に変更されました。

これにより、紛失するリスクが減り、耳から落ちにくい構造になっています。

また、「AirPods 2」では、耳の大きさが合わずに使用できない方がいましたが、「AirPods Pro」では大きさが違う3種類のイヤーチップがあるため、このような心配がなくなっています。

重さは、1.4gほど上がったようです。

耐汗・耐水

AirPods 2からの変更点 耐汗・耐水

2点目の変更点は、耐汗・耐水に対応しているということ。

カナル型に変更されたことにより、汗や雨を気にせずワークアウトをすることが可能です。

耐水性能は、9段階ある内の4番目「IPX4」。

約10分間全方位から水をかけ続けていても問題がないようです。

また、「AirPods Pro」には1年間の製品保証が付いていますが、水没と紛失は保証の対象外になるので注意しましょう。

Apple Care+ ヘッドフォン」は、3,780円で加入でき、保証期間が2年間になりますので、心配な方は加入することをおすすめします。

アクティブノイズキャンセリング・外部音取り込み

AirPods 2からの変更点 アクティブノイズキャンセリング・外部音取り込み

そして最後は何と言っても、「アクティブノイズキャンセリング」に対応したということ。

この機能が追加されたことにより、耳に届く前にノイズを消してくれます。

仕事などで集中したいときに使える便利な機能です。

逆に、外部音を取り込むこともできるため、音楽以外にも様々な音に対応することができます。

特に、外を歩いているときや電車に乗っているときには便利な機能と言えるでしょう。

2つのモードを切り替えることができるのは、「AirPods 2」との大きな変更点です。

このモードの切り替えは、スマホからでもイヤホンからでもできるため、こちらも便利ですね!

AirPods Proの価格

AirPods Proの価格

「AirPods Pro」の価格は、249ドル(日本価格は2万7800円)で販売されています。

AirPods 2」が2万2800円だったので、5000円程度高い金額ですが、このスペックを考えるとお手頃と言えるでしょう。

カラーは何種類か出ると予想されていましたが、現在のところ白のみです。

今後徐々にバリエーションが増えていくかと思いますので、最新情報を待ちましょう。

仕事に集中したい方には、かなりおすすめです。

AirPods Proのスペック

製品名AirPods Pro
価格27,800円(税込30,580円)
予約開始日2019年10月29日(火)
発売日2019年10月30日(水)
サイズ(高さ×幅×厚さ)AirPods Pro:30.9mm×21.8mm×24.0mm
Wireless Charging Case:45.2mm×60.6mm×21.7mm
重量AirPods Pro:5.4g
Wireless Charging Case:45.6g
合計:51g
オーディオテクノロジー・アクティブノイズキャンセリング
・外部音取り込みモード
・アダプティブイコライゼーション
・均圧のための通気システム
・専用の高偏位Appleドライバ
・専用のハイダイナミックレンジアンプ
チップH1ベースのSiP(System in Package)
耐汗耐水性能耐汗耐水性能(IPX4)
通信機能Bluetooth 5.0
充電ケースQi規格の充電器とLightningコネクタに対応
バッテリー【AirPods Pro】
・1回の充電で最大4.5時間の再生時間(アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードをオフにした場合は最大5時間)
・1回の充電で最大3.5時間の連続通話時間

【AirPods Pro with Wireless Charging Case】
・24時間以上の再生時間
・18時間以上の連続通話時間
・充電ケースでの5分間の充電で約1時間の再生時間、または約1時間の連続通話時間
センサー・デュアルビームフォーミングマイクロフォン
・内向きのマイクロフォン
・デュアル光学センサー
・動きを感知する加速度センサー
・音声を感知する加速度センサー
・感圧センサー
対応OS・iOSの最新バージョンを搭載したiPhone、iPod touchのモデル
・iPadOSの最新バージョンを搭載したiPadのモデル
・watchOSの最新バージョンを搭載したApple Watchのモデル
・macOSの最新バージョンを搭載したMacのモデル
・tvOSの最新バージョンを搭載したApple TVのモデル
コントロール・1回押して再生、一時停止、電話に応答
・2回押して次の曲にスキップ
・3回押して前の曲にスキップ
長押しでアクティブノイズキャンセリングと
外部音取り込みモードを切り替え
「Hey Siri」と話しかけるだけで、曲の再生、
電話の発信、経路のチェックなどの操作が可能

まとめ

今回は、AirPods 2とAirPods Proの変更点とスペックについて解説しました。

アクティブノイズキャンセリング機能がついて、さらによくなった「AirPods Pro」。

みなさんも新感覚のイヤホンを是非味わってみてください!

>FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

最新の栄養学やトレンド情報、お得なサプリ情報が届きます。

CTR IMG