バナナダイエットは炭水化物で太るのか?その真相を徹底解明!

バナナダイエットは炭水化物で太るのか?その真相を徹底解明!

ダイエットといえば、手軽にできるバナナダイエットを思い浮かべる方も多いかと思います。

一時期朝バナナダイエットが流行りましたが、実際にバナナダイエットは効果があるのでしょうか?

今回は、バナナダイエットは太るのか、また、バナナダイエットの効果バナナダイエットをおこなうタイミングについて解説していきたいと思います。

そもそもバナナダイエットとは

そもそもバナナダイエットとは

そもそもバナナダイエットとは、朝食に1~2本のバナナと水だけを摂取しておこなうダイエット方法です。

細かくすると、持ち運ぶことができるので、間食にもおこなうことができます。

バナナダイエットは、調理が必要なく手軽におこなえることもあって、ダイエット中の方からすると、かなり嬉しいダイエット方法です。

朝食にバナナを食べた場合は、昼食夕食普段通りで問題なく、食事をそこまで我慢する必要がありません。

簡単なダイエット方法なので、初心者の方でも簡単に始めることができます。

皮を向くだけで食べられ、さらに、糖分がすぐにエネルギーに変わりますので、トップアスリートは試合前に食べている方が多いですね。

バナナはダイエットだけでなく、トップアスリートにとっても強い味方です!

バナナダイエットは太るのか

バナナダイエットは太るのか

しかし、ここで疑問がある方が多いのではないでしょうか?

バナナは炭水化物が多いため、太るのではないかということ。

バナナは、1本で約80~90kcal炭水化物は20~23g程度含まれており、果物にしては高カロリーです。

しかし、バナナは炭水化物の中でも糖質が多いため、すぐにエネルギーに変換されるという特徴があります。

しっかりとエネルギーに変わるということは、脂肪にはならずダイエット効果があると言えるでしょう。

ただし、食べ過ぎてしまうとエネルギーに変換できないものは脂肪に変わってしまうため、注意が必要です。

また、バナナダイエット1ヶ月程度続けることによって効果が出てくるのですが、途中でやめてしまうと高い確率でリバウンドします。

バナナダイエットは、続けることを目標にして取り組みましょう!

バナナに含まれている成分

では、バナナにはどのような成分が含まれているのでしょうか?

ダイエットに嬉しい栄養素がしっかりと含まれていますので、ご紹介しましょう。

糖質

バナナに含まれている成分 糖質

上記で述べてきたように、バナナには多くの糖質が含まれています。

バナナには、ブドウ糖・ショ糖といった糖質が含まれており、エネルギーに変わるのも早いため、栄養補給にはぴったりです。

また、通常の食事に比べてカロリーが控えめなこともあり、ストレスが溜まりやすいダイエット中にもしっかりと食べることができます。

朝だけではなく、小腹が空いた時に摂取できるのもいいですね!

食物繊維

バナナに含まれている成分 食物繊維

バナナには、食物繊維の中でも不溶性食物繊維が豊富に含まれています。

不溶性食物繊維は、その名の通り水に溶けない食物繊維です。

水に溶けないということは、腸内をしっかりと刺激することができるということ。

また、乳酸菌ビフィズス菌といった細菌は、善玉菌の餌になり、腸内環境を改善することにつながります。

バナナには、この食物繊維が100g中約1~1.5g程度

成人男女の1日の目標摂取量は約20g程度ですので、食事から足りない分を補給できるのもいいですね!

カリウム

バナナに含まれている成分 カリウム

バナナには、ナトリウムを過剰摂取した際に体外に排出してくれる効果のあるカリウムりんごの3倍程度含まれています。

カリウムを体外に排出することにより、塩分を出しますので、むくみの改善に効果があると言われています。

ダイエット中は、ストレスなどで身体が意外とむくみやすいので、これにも効果があると言えるでしょう。

バナナは100g中約350~400mgカリウムが含まれており、十分な量摂取することができるのも特徴です。

カリウムの1日の目標摂取量は、成人男女で2500~3000mg程度ですので、通常の食事に加えて、バナナからも摂取しましょう!

バナナダイエットの効果

では、バナナダイエットにはどのような効果があるのでしょうか?

いくつかご紹介しましょう。

便通の改善

バナナダイエットの効果 便通の改善

バナナに含まれている食物繊維によって、便秘を解消してくれる効果があります。

食物繊維の効果によって、腸内環境が整えられ排便が良くなるということです!

つまり、排便が多くなるということは、一時的に体重が落ちることにつながります。

バナナは、味が美味しく腹持ちもいいことから続けやすく、ダイエットには向いています。

ただし、食べ過ぎ急にバナナダイエットをやめてしまうリバウンドが起こりやすいのも事実ですので、注意しましょう。

むくみの解消

バナナダイエットの効果 むくみの解消

バナナに含まれている、カリウムの効果によって、むくみを改善することができます。

ダイエット中には、むくみが気になるかと思いますが、このむくみ改善をしてくれるのはかなりのメリットでしょう。

また、マッサージと組み合わせることによって、さらにむくみが改善されますので、息抜きがてらマッサージをおこなうのも良いかと思います。

継続することによって、効果が出やすくなるので、まずは2週間~1ヶ月程度を目安におこないましょう!

朝食のカロリーが抑えられる

バナナダイエットの効果 朝食のカロリーが抑えられる

バナナダイエットは、朝食のカロリーを抑えることができます。

朝食にパンご飯を食べている方がほとんどかと思いますが、これをバナナにすることで2分の1から3分の1程度カロリーを抑えることが可能です。

おにぎり1つのカロリーはだいたい200~250kcal程度のものが多いため、十分にカロリーを抑えることができます。

素早く食べるのではなくゆっくりと食べるようにしましょう!

しっかりと噛むことによって、満腹感が得られますので、この点は重要です。

バナナダイエットをおこなうタイミング

バナナダイエットは、朝におこなうことが多いのですが、実際には他のタイミングでも取り入れることができます。

食べるタイミングは朝食間食です!

朝食

バナナダイエットをおこなうタイミング 朝食

定番のバナナダイエットは、多くの方がしている朝バナナダイエット

バナナを朝食べることによって、カロリーが抑えられることに加え、食物繊維の効果によって、便通を改善することができます。

また、バナナはすぐにエネルギー源に変わるので、朝からしっかりとエネルギーを体内に蓄えることができるのもポイントです。

さらに、バナナには必須アミノ酸トリプトファンが含まれており、体内のセロトニンを増やす効果があります。

このセロトニンは、精神の安定に効果があることで有名なホルモンですので、朝食べることによって、朝の活力を出すことにも効果があります。

ストレスが溜まりやすい方は、朝にバナナを食べましょう!

間食

バナナダイエットをおこなうタイミング 間食

バナナは朝食以外にも、間食で食べることをおすすめします。

バナナは腹持ちが良く味も甘いことからご褒美感覚で食べることができるため、ダイエット中の間食に最適です。

ダイエット中は、食事を我慢しすぎると逆にストレスが溜まってしまいマイナスになってしまうことがあります。

そうならないためにも、しっかりとカロリーが控えめの食事間食に食べることが必要です。

手軽さ低カロリーを備えたバナナは間食にもおすすめですので、我慢しすぎる前に摂取することをおすすめします!

まとめ

今回は、バナナダイエットは太るのか、また、バナナダイエットの効果やバナナダイエットをおこなうタイミングについて解説してきました。

ダイエットは糖質が多いのですが、エネルギーに素早く変わることがポイントです。

もちろん食べ過ぎてしまうと脂肪になってしまいますが、バナナダイエットで摂取する1~2本程度であれば問題はないでしょう。

ダイエット中は、我慢することが多いため、しっかりとバナナなどを食べて息抜きをすることも重要です!

>FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

最新の栄養学やトレンド情報、お得なサプリ情報が届きます。

CTR IMG