塩分の摂取量と肥満のリスクは相関関係があり-最新栄養学をご紹介

塩分の摂取量と肥満のリスクは相関関係があり-最新栄養学をご紹介

誰もが歳をとるにつれて、気になるのが肥満ですよね。

肥満にならないためにはどうすれば良いのかがわからずに、気がついたら肥満になっていることもあります。

実は、肥満のリスクは塩分の摂取量と相関関係があることが、判明しました。

今回は塩分の摂取量と肥満リスク上昇の研究をご紹介します。

塩分の摂取量と肥満のリスク上昇

塩分の摂取量と肥満のリスク上昇

日本、中国、英国、および米国の4ケ国で、約4700人を対象におこなわれた研究によると、1日の塩分摂取量が増えれば増えるほどBMIの値が高くなり、肥満になるリスクが上昇することが判明しました。

BMI指数は、【体重(kg)÷〔身長(m)×身長(m)〕】こちらで算出することができます。

各機関によって、多少数値が異なりますが、世界保健機関(WHO)の基準では、BMI 25以上30未満が「過体重」30以上が「肥満」と言われています。

また、日本肥満学会の基準では、BMI 25以上が「肥満」とされていますので、25~30以上が肥満に値するということです。

早速、研究内容をみていきましょう。

塩分の摂取量と肥満のリスク上昇の研究内容

こちらの研究では、日本、中国、英国、米国の40~59歳の男女を対象に塩分摂取量とBMIの関係を調べました。

この研究では、24時間蓄尿検査を2回おこない、塩分摂取量を推定しています。

この検査方法は、1回だけ採取した尿に含まれていた塩分量に基づいて塩分の摂取量を推定する方法や、自己申告された食事の内容に基づいて摂取量を計算する方法よりも、より正確な塩分摂取量が分かる信頼性が高い検査です。

対象人数

今回の研究の対象となったのは、日本人1145人、中国人839人、英国人501人、米国人2195人計4680人で、男女比はほぼ1対1、平均年齢は49.2歳の方々です。

各国の参加者の1日当たりの塩分摂取量の平均は、日本が11.6g、中国は13.3g、英国は8.5g、米国は9.5g

また、BMIの平均は、日本が23.4、中国が23.1、英国が27.5、米国が28.9

各国の参加者に占める過体重/肥満者の割合は、日本は26.7%、中国は25.5%、英国は69.7%、米国は71.8%という数値です。

塩分摂取量とBMIが正の相関関係

この研究では、塩分摂取量が上がるにつれ、BMIは上昇していました。

BMIの上昇の幅は、1日あたり塩分摂取量が1g上がるごとに、日本は0.28、中国は0.10、英国は0.42、米国は0.52という結果でした。

また、塩分摂取量が1g増えると、肥満となるリスク日本では21%、中国では4%、英国では29%、米国では24%上昇していました。

つまり、食塩摂取量と肥満には相関関係があり、塩分摂取量を控えることが肥満改善の対処法になることがわかるかと思います。

肥満の方、また、今後肥満になりそうな方は、まず塩分の摂取量を控えるようにしましょう。

まとめ

今回は、食塩摂取量と肥満の研究をご紹介しました。

食塩の摂りすぎは、血圧にも悪いので、過剰摂取は控えるようにしましょう。

肥満を改善するには、健康的な食事が一番です。

野菜などをしっかりと食べて、健康的な身体を手に入れてください!

参照:Salt intake and prevalence of overweight/obesity in Japan, China, the United Kingdom, and the United States: the INTERMAP Study

>FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

最新の栄養学やトレンド情報、お得なサプリ情報が届きます。

CTR IMG