持続可能な開発目標「SDGs」とは?私たちにできる環境改善

持続可能な開発目標「SDGs」とは?私たちにできる環境改善

みなさんはSDGsという言葉を聞いたことがありますか?

最近は、環境問題食糧不足などが懸念されていることもあるため、最近はこのSDGsが話題になることも増えてきました。

SDGsとは、なんのことを指しているのでしょうか?

そこで今回は、そもそもSDGsとは何か、また、SDGsの内容、私たちにできることは何かについて徹底解説していきたいと思います。

持続可能な開発目標「SDGs」とは

持続可能な開発目標「SDGs」とは

持続可能な開発目標「SDGs」とは、持続可能な世界を実現するために、17のゴール・169のターゲットから構成されている国際目標のことです。

2001年頃には、ミレニアム開発目標MDGs」という目標があったのですが、2015年9月に国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標が「SDGs」と名付けられました。

このSDGsは、国連加盟193ヵ国が参加しており、15年間で様々な目標の達成に協力しあっています。

持続可能と聞くと、発展途上国をメインとしていると思われることが多いのですが、SDGsは、先進国が取り組むことも視野に入れており、日本も積極的に取り組んでいます。

SDGsの前身「MDGs」とは

SDGsの前身「MDGs」とは

上記でMGDsについて少し触れましたが、MGDsは2000年の国連サミットで採択され、2015年に達成期限を迎えたことを受けてSDGsが新たな世界の目標として定められました。

MDGsは、8つの目標を掲げていました。

目標1:極度の貧困と飢餓の撲滅

目標2:初等教育の完全普及の達成

目標3:ジェンダー平等推進と女性の地位向上

目標4:乳幼児死亡率の削減

目標5:妊産婦の健康の改善

目標6:HIV/エイズ、マラリア、その他の疾病の蔓延の防止

目標7:環境の持続可能性確保

目標8:開発のためのグローバルなパートナーシップの推進

引用:ミレニアム開発目標(MDGs)

現在は、SDGsで改定され、17の目標が定められました。

次でご紹介しましょう。

SDGs「17の目標」と「169のターゲット」

SDGsは「17の目標」と「169のターゲット」で構成されています。

では、早速SGDsの中身についてご紹介していきましょう。

SDGsの目標は、開発途上国・先進国・環境の3つに分けられます。

発展途上国

SDGs「17の目標」と「169のターゲット」 発展途上国

発展途上国の中には、食糧不足による飢餓、また、安全な水を引くライフラインが発達していない国もあります。

また、健康にも程遠く、知識をつけるための教育が遅れている国があるのも事実です。

私たちが住んでいる日本では、食事をしっかりと食べることができ男女平等が根付いてきており安全な水や用を足すトイレがあり、最近の日本では、健康ブームが起こるほど健康食品があります。

これでは、先進国だけが不自由なく暮らしており、発展途上国は食事を食べることすらできないといった不自由な生活になってしまいます。

今後は、このようなことがないように国連は上記の目標を定めました。

ちなみに、日本では、約7人に1人が貧困ということが言われており、また、ジェンダー平等に関しても2018年12月に世界経済フォーラムで発表された数字によると149カ国中ち110位と、とても低い数字になっています。

この貧困男女平等は今後も対策が必要でしょう。

先進国

SDGs「17の目標」と「169のターゲット」 先進国

先進国では、環境に負荷がかからないエネルギーの開発経済成長食品ロスをなくす人や国の不平等をなくすことを目標として掲げています。

これらの目標は、まさに私たちが住んでいる日本にも当てはまります。

日本では、特に食品ロスが多いため、最近では賞味期限が切れる前の食品格安で販売する会社が出てきているほどです。

また、4Gが終わり、5Gの時代がくることも技術革新でしょう。

発展途上国だけではなく、先進国にも目標を課すことで、世界中がより良い環境に変わっていくことが予想されます。

これらの目標は、日本の課題が多く詰まっており、1つずつ改善していくことが重要になります。

環境

SDGs「17の目標」と「169のターゲット」 環境

最後が最近話題に上がる環境問題を視野に入れた目標です。

最近のニュースでは、ウミガメの鼻にプラスチックゴミが詰まっていたことが取り上げられていましたが、この原因を作っているのは私たち人間なのです。

このプラスチックゴミは、海洋生物が間違えて飲み込んでしまうことが多く、体内からプラスチックゴミが出てくることもありました。

また、もう1つ問題になっているのが、森林伐採による環境破壊です。

森林伐採の原因も私たち人間にあり、特に問題になっているのが、牛や豚の放牧地を開拓するために森林が伐採されているということ。

さらに、牛のゲップにはメタンガスが含まれているため、森林伐採で環境を破壊された後、牛のゲップによりメタンガスを排出するという負のループが起こっているのも事実です。

こういった背景もあり、最近はヴィーガンの方が増えているとも言われています。

私たちにできること

SDGsを解説しましたが、私たちにもできることがあるのでしょうか?

もちろん、あります!

世界中に住んでいる私たちがが小さなことから改善していけば、環境は改善されるのです。

食品ロスを減らす

私たちにできること 食品ロスを減らす

まずは、私たちにできることは食品ロスを減らすこと

食品ロスを減らすことによって、発展途上国の子どもたちに食糧を供給することができるようになり、飢餓をなくすことができます。

私たちが食事をして余ったものは廃棄されますが、世界には食事が食べたくても食べられない方もいるということを覚えておきましょう。

最近は、チャリティー活動なども活発になってきており、プロの選手が村にライフラインを引く支援をしたり、教育ができる小学校を建てたりと様々です。

小さいことの積み重ねが大切ですので、まずは自分でできることから始めてみましょう。

プラスチックゴミを減らす

私たちにできること プラスチックゴミを減らす

このプラスチックゴミも私たちが工夫をすれば減らすことができます。

米スターバックスは、2020年までにプラスチックストローを全廃することを決め、世界中の企業が驚いていましたよね。

つまり、環境問題の深刻さはここまできてしまったということです。

企業だけではなく、私たちにできることももちろんあり、コンビニのビニール袋を使わずにエコバックを使うことによって、プラスチックゴミを減らすことにつながります。

また、お弁当を買った時についてくる割り箸も元は木からできています。

自分の箸を利用することによって、これらの木も余分に伐採せずに済むということです。

こういった方々が増えていくことによって環境はより良くなっていきます。

自然を汚さない

私たちにできること 自然を汚さない

今まで述べてきたことになりますが、環境を改善するにはまず自然を汚さないことが大切です。

プラスチックゴミ、森林破壊、メタンガスによるオゾン層破壊など様々ですが、これは私たちが変わればなくすことができます。

つまり、これから先このSDGsを達成していくには、少なくとも私たち人間が変わっていくしかないということです。

発展途上国、先進国などは関係なく各国課題があるのが事実。

その課題を少しずつ改善することによって、より良い環境になっていきますので、SDGsはしっかりと覚えておきましょう!

まとめ

今回は、そもそもSDGsとは何か、SDGsの内容、そして私たちに何ができるのかについて解説してきました。

世界各国では、このSDGsの目標を達成するために様々な試作がおこなわれています。

みなさんもこれから先、より良い環境にするために小さいことから少しずつ始めてみましょう!

>FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

最新の栄養学やトレンド情報、お得なサプリ情報が届きます。

CTR IMG