iPhoneの新アプリと「Apple Research」が米国で公開!

iPhoneの新アプリと「Apple Research」が米国で公開!

Appleが米国時間11月14日にiPhoneとApple Watchのユーザー向けに新アプリを公開しました。

アプリの名前は、「Apple Research」とのこと。

今回は、「Apple Research」の最新情報をご紹介します。

Apple Researchとは

Apple Researchとは

Apple Researchは、iPhoneから健康調査に参加できる新しいアプリです。

このApple Researchでは、女性の健康調査心臓と運動に関する調査聴覚に関する調査の3つに参加ができます。

今までの調査では、専用アプリをインストールする必要がありましたが、今回のApple Researchは、参加に関するアクティビティがまとめられているため、簡単に複数の調査に参加することが可能です。

Apple Researchによってできること

このApple Researchによって多くのことができるようになります。

その内容をいくつかご紹介しましょう。

大規模な健康調査

研究者は、これまでに不可能だった大規模な健康調査を実施することができるようになります。

Appleのデバイスから収集されたデータをフル活用し、研究者に直接共有できることがポイントです。

これまでは、膨大な費用と時間が必要でしたが、これからはユーザーが自主的に参加することができるようになるため、心臓や運動レベル、アクティビティ、騒音など、健康に関する情報を以前より素早く獲得することができます。

調査データの暗号化

大規模な健康調査で注意しなければいけないのがプライバシー保護です。

データの共有はユーザーのコントロール下にあるため、データは暗号化され、販売されることはありません。

研究者はユーザーに対しデータがどう活用されるかを知らせなくてはならないことに加えて、参加者はいつでも参加を取りやめることができるようになっています。

最初にスタートする調査

最初にスタートする調査は3つあります。

それぞれご紹介しましょう。

女性の健康調査

最初にスタートする3つの調査の中の1つは、ハーバード大学T.H. Chan公衆衛生大学院および米国国立環境健康科学研究所と連携した女性の健康調査です。

この調査は、女性の月経周期と不妊、骨粗鬆症、更年期、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)との関係を明らかにすることを目的としているようです。

iPhoneのヘルスケアアプリ、または、Apple Watchの「周期記録」アプリから、ユーザーの周期記録のログを収集します。

心臓と運動に関する調査

心臓と運動に関する調査では、米国心臓協会およびブリガム・アンド・ウィメンズ病院と連携します。

ワークアウト中のデータや心拍数アクティビティのデータがApple Watchから収集されるようです。

この調査で収集されたデータは、運動のシグナルおよび心拍数とリズムから、心房細動、心臓病、運動能力の低下などの早期発見につながるサインを発見できるかを研究するために使用されます。

聴覚に関する調査

聴覚に関する調査ではミシガン大学およびWHO(世界保健機関)と提携します。

iPhoneやApple Watchの「ノイズ」アプリからユーザーがさらされている音に関するデータを集めるようです。

この研究では、大きな音が検出されたときに「ヘルスケア」アプリの通知によってユーザーが自分のリスニング行動を変えるかどうかも調査される予定です。

まとめ

今回は、iPhoneApple Watchの新アプリ、「Apple Research」についてご紹介しました。

新たな発見により、健康な生活に貢献できるようなアプリを目指します。

任意で参加ができますので、これもユーザーからすると参加しやすい形と言えるでしょう。

iPhoneとApple Watchで利用できる「Research」アプリは、現在、米国で配布されています。

日本にも入ってくるのでしょうか?最新情報が届き次第随時更新します!

>FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

最新の栄養学やトレンド情報、お得なサプリ情報が届きます。

CTR IMG