【健康・ダイエット】糖質制限におすすめの油-7選

【健康・ダイエット】糖質制限におすすめの油-7選

最近は何かと糖質制限という言葉を耳にしますが、糖質制限の商品は多すぎて何がいいのかわかりませんよね。

実際に買ってみたら「味が美味しくなかった」「価格が高い割には普通」など様々な意見があるかと思います。

買ったものが微妙だと糖質制限を続ける気もなくなってしまうため、商品選びは大切です。

そこで今回は、糖質制限におすすめの油をFitPiper編集部がまとめてみました。

中鎖脂肪酸(MCTオイル)

まずは中鎖脂肪酸(MCTオイル)からご紹介しましょう。

MCTオイルとは、エネルギー変換効率が非常に高く、ダイエットをおこなうときの強い味方です。

MCTオイルの利点は、無味無臭なので、コーヒーや料理に利用できる点。

早速この中鎖脂肪酸(MCTオイル)のおすすめ商品をご紹介しましょう。

仙台勝山館ココイル

スーパーやコンビニなどにいくと最近はMCTオイルが売られていますが、成分にとことんこだわって作られているMCTオイルもあります。

こういった商品は店舗に並ぶことは少なく、ネット通販だけで売られていることも多いです。

この仙台勝山館ココイルもネット通販の商品になります。

使っている方の多くは、ダイエットをされている方々糖質制限をしている方々です。

原材料はココナッツのみを使用し、中鎖脂肪酸の中でもエネルギー変換効率が最も高いと言われている「C8(カプリル酸)」「C10(カプリン酸)」のみを使用していることもポイント。

ココナッツオイルから作られる中鎖脂肪酸オイルココナッツの風味が残っていることがあるのですが、こちらは完全に無味無臭です。

製造方法にもこだわり、化学溶剤などを使用しないナチュラル製造というのも質がいいという証拠でしょう。

よくココナッツオイルなどがありますが、ココナッツオイルは約60%ほど中鎖脂肪酸が含まれています。

一方MCTオイル100%の中鎖脂肪酸で構成されていますので、エネルギー変換効率を高めて脂肪には変えたくないという方はこのMCTオイルがおすすめです!

SNSを見てみると、

https://www.instagram.com/p/Blmz6N_A_Ox/

みなさんまとめ買いをしている方が多いようです!

バターコーヒーなどにもMCTオイルがおすすめです。

料理にも使えますので、色々試してみてください!

【1本のご購入はこちら】

【2本セットのご購入はこちら】

LOHAStyle MCTオイル

続いて、LOHAStyleが販売するMCTオイルです。

こちらのMCTオイルの原材料は、ココナッツとアブラヤシから抽出されており、中鎖脂肪酸100%に仕上がっています。

製造方法にもこだわっており、国際基準を満たした工場で抽出&検査し、国内で加工した安全製法を実現しています。

こちらのMCTオイルは、中鎖脂肪酸の中でもエネルギー変換効率が最も高いと言われている「C8(カプリル酸)」を55~65%配合「C10(カプリン酸)」を35~45%配合しています。

ケトン体を作り出し、脂肪が燃焼しやすいケトン体質になりたい方はまずこれから始めてみるのが良いでしょう。

SNSを見てみると、

やはり、みなさんバターコーヒーに入れている方が多いですね!

特にバターコーヒーは初めは慣れていないため苦戦することが多いのですが、徐々に慣れていくようです。

低糖質のバターなどを使って挑戦してみてください!

オメガ3脂肪酸

続いてはオメガ3脂肪酸です。

オメガ3脂肪酸の代表的なものには、αリノレン酸(ALA)エイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)などがあります。

青魚に含まれるのがエイコサペンタエン酸(EPA)ドコサヘキサエン酸(DHA)アマニエゴマなどに多く含まれているのが α-リノレン酸(ALA)です。

関連:サバ缶ダイエットは効果あり?!サバ缶の成分はすごかった!

今回は、この中でもα-リノレン酸(ALA)を含むあまに油えごま油をご紹介します。

オメガニュートリション 食用有機亜麻仁油

こちらは、有機JAS認証を受けた完全オーガニックのあまに油です。

世界最高峰とも言われている、オメガニュートリション社のあまに油は絶大な人気を誇っています。

もちろん、原料は遺伝子組み換えなし有機亜麻の種のみを使用しており、安全性が高いのも特徴です。

また、こちらのあまに油の特徴は、オメガフローという光や酸素高温を一切遮断し、反応金属を使わない独自の低音圧搾方法を用いて製造していること。

オイルにとって酸素や光は酸化の原因になりますので、製造方法からこだわることで、高品質を保っています。

さらに、遮光ボトルを使用することで、高品質・高い栄養素を逃がすことがありません。

SNSを見てみると、

View this post on Instagram

. 愛用して4年目🥃✨ #オメガニュートリション の #亜麻仁油 ✔️✔️✔️ . 母が乳がんの時にお世話になった 免疫療法の先生から教えてもらって、 それからずっと飲んでる。 . 病気について学ぶようになって 食について学ぶようになって…. 健康について考えるようになって 私の大好物なサラダにかけるドレッシングは 4年前から自分で作るようになりました🌱🥒 . オメガニュートリションの亜麻仁油の良いところは100%オーガニックでなおかつ、コールドプレスで搾取しているところだそう。 オメガ3は熱に弱く冷蔵保存必須なので大変だけど 何にかけても美味しいから続けてこれました! . ここ最近亜麻仁油流行ってるけど、これ飲んでる人少ないと思う…..いろんなオイルがあるからどれが本物かわからないけど😢お医者さんも処方されてるオイルなのでわたし的には1番おすすめです🌈 私はサラダ、ヨーグルト、ジュースに入れたり、そのまま飲んだり🥂 . 是非❤️ #全然パッケージとか可愛くないけど #本気のやつ #健康第一 #大根の葉と桜海老の自家製ふりかけ #なすと夏野菜の揚げ浸し #ほうれん草のサラダ #いつかの御飯

A post shared by Karly/Hair&Make-up/hairdresser (@karly_hairmake) on

SNSでも高評価ですね!

やはり、高品質なのがこちらの商品を選ぶポイントのようです。

もちろん安いあまに油なども出回っていますが、しっかりと健康面を整えるには安いものではなく高品質の商品を選ぶのがポイントになります。

しっかりと原材料をチェックしてから購入しましょう。

一番搾り 有機あまに油

オメガ3脂肪酸血液をサラサラにして内臓脂肪の蓄積をおさえる効果があると言われています。

こちらのあまに油は、有機JAS認定の指定農場で栽培された亜麻仁を100%使用して製造されているのがポイント。

また、コールドプレス製法で製造されており、加熱をせずに抽出していますので、栄養素や風味を逃がさず製造しています。

さらに、添加物や保存料化学品は不使用ですので、安心して使用いただけるあまに油です。

あまに油は、加熱時に使用するのではなく、食前の料理にかけて食べることによって、効果が感じやすくなります。

食前に油をかけるだけですので、手間がかからないのもいいですね!

SNSを見てみると、

あまに油はクセが強いものもあるようなのですが、こちらのあまに油はクセがなく使いやすいようです。

食事の前に少しかけるだけで血液がサラサラになりますので、継続して摂取しましょう!

朝日えごま油

こちらのえごま油には、α-リノレン酸(ALA)約60%含まれています。

オメガ3脂肪酸を食事から摂取するとなると、かなり食生活に気を遣わないといけないため、難しいのが現実です。

しかし、このえごま油であれば、1日約小さじ1杯程度と、手軽に十分な量が摂取できます。

サラダにかけるのもよし、お刺身にかけるのもよし、ヨーグルトにかけるのもよし!

無味無臭なので、様々な料理にかけてみるのもいいでしょう。

低音圧搾の一番搾り国内製造添加物・保存料・化学剤不使用など徹底したこだわりがありますので、安心してご利用いただけます!

SNSを見てみると、

フルーツやヨーグルトに入れている方が多いようです!

HPではえごま油を使ったアレンジレシピなどもご紹介しておりますので、チェックしてみましょう。

下記のページでも紹介されています!

オリーブオイル

最後はオリーブオイルです。

オリーブオイルは、調理用として使用されることが多いですが、料理にかけて食べても問題ありません。

オリーブオイルには、悪玉コレステロール濃度を下げるオメガ9系オイルが含まれています。

上記でご紹介したMCTオイルやあまに油えごま油は加熱すると性質が変わってしまいますが、オリーブオイルは加熱しても問題はありません。

ただし、オリーブオイルの種類によっては、150°C以上で加熱すると健康への悪影響が起こる可能性のあるトランス脂肪酸が生成される可能性が高いので注意しましょう。

では、早速おすすめのオリーブオイルをご紹介します。

CARMプレミアム オーガニック エキストラバージン オリーブオイル

まずおすすめなのが、こちらのCARMプレミアム オーガニック エキストラバージン オリーブオイルです。

こちらのオリーブオイルの特徴は、果汁100%オリーブ果実のジュースを使用し、すべて自社畑で収穫その後24時間以内に搾っています。

もちろん有機JAS認定品、さらに、欧州連合(EU)の特定の地域の気候でしか育てられない良質な原料を使い、 伝統的な製法によって生産・加工・調整された食品を認証するPDO(原産地名称保護)認定品にも選ばれています。

また、日本では、オイルの酸度が0.8%以下のものをエクストラバージンオイルと呼びますが、この製品は酸度が0.1~0.2%と低いのが特徴。

この酸度とは、新鮮で健康なオリーブオイルの実から作られたものであることを示す指標ですが、この数値が低ければ低いほど高品質です。

SNSを見てみると

品質の高さを書いているものが多かったです!

やはりこだわっているオリーブオイル味の違いが明白で、美味しいようです。

サラダはもちろん、パスタや肉料理やグリル野菜、トースト、和食などにもぴったりなオリーブオイルですね!

キンタ・ド・ビスパード・リザーブ

続いては、キンタ・ド・ビスパード・リザーブです。

こちらのオリーブオイルの酸度は、0.13%とかなり低く、検査結果でも実証されています。

絞った直後のオイルには不純物が多く含まれているため、3ヶ月という長い時間をかけて自然ろ過をし、オイル本来の旨味を凝縮いるのがポイント。

また、オリーブオイルは高温で圧搾すると酸化によって、香りや鮮度が落ち油っぽくなってしまうため、世界基準を超える23°Cを超えないコールドプレス製法で製造しています。

さらに、原産地呼称制度(D.O.P)単一農園で生産されたオリーブオイルのみを使用したシングルエステートオイルというこだわりよう。

トランス脂肪酸が含まれていないのも、商品を選ぶ1つのポイントでしょう。

SNSを見てみると、

https://www.instagram.com/p/BvSdX3CgiQP/

レビューを見てみると、若干甘味があるようです!

確かにパンとオリーブオイルの相性は抜群ですので、一度試してみたいですね。

様々なアレンジ料理を作ってみましょう!

【番外編】バターコーヒー

最後に番外編。

至福のひと時といえばコーヒーを飲む時間と答える方が多いかと思いますが、そんなコーヒーにも糖質が多く含まれているものがあるので注意が必要です。

自分で作るのもいいのですが、手間がかなり大変ですので、バターコーヒーを買った方がかなり手軽

では、糖質制限のコーヒーについてご紹介したいと思います。

チャコールバターコーヒー

まずおすすめのコーヒーはチャコールバターコーヒーです。

バターコーヒーと聞くと「バター」という言葉が前に出すぎて、身体に悪いのではないかと思われがちですが、そんなことはありません。

実はバターに含まれている乳脂肪は、効率的にエネルギーに変換できる性質を持っています。

また、自分でチャコールバターを作るとなると、バターを用意しMCTオイルを用意しミキサーで混ぜるという動作が必要です。

さらに、手間が増え、価格も高くなってしまいます

糖質制限は続けることが重要ですが、これらの要素があると続けたくても続けられません

しかし、このチャコールバターコーヒーであれば、手軽に簡単に安く続けることができます!

1杯63円という低価格なのも続けやすく、簡単に糖質制限ができるのもポイントです。

SNSをみてみると、

https://twitter.com/shinchanOkinawa/status/1199581429132214272

みなさんまとめ買いしている方が多いですね!

チャコールバターコーヒーの飲み方をアレンジしている方が多く、続けやすいようです。

寒い冬の季節にはぴったりのコーヒーです!

オーガニックバタープレミアムコーヒー

コンビニのコーヒーは美味しいですが、多くの砂糖が使われており、身体に良いとはいえません。

しっかりと糖質を制限するためにはブラックコーヒーですが、ブラックコーヒーが苦手という方も多いでしょう。

このバタープレミアムコーヒーは、ブラックコーヒーに比べると若干甘さがあり匂いがかなりいいです。

このバタープレミアムコーヒーのポイントは砂糖を使用していないこと。

また、マカやショウガアカシアアガベイヌリンなど4種類のオーガニック原料を惜しみなく使用しています。

さらに、バターコーヒーを自分で作る場合は、お湯に溶かして飲むのが一般的ですが、このオーガニックバタープレミアムコーヒーお湯で溶けることはもちろん、なんと水でも簡単に溶けます

朝時間がない時でも簡単に飲めることに加えて、持ち運ぶことができるスティックタイプですので、職場に持っていくのもいいでしょう。

このオーガニックバタープレミアムコーヒーであれば、美味しくかつ身体にも優しくコーヒーを楽しむことができますので、おすすめです!

こちらもSNSを見てみましょう。

香りがよく、飲みすぎてしまうほど美味しいようです!

ただし飲み過ぎると効果が薄くなってしまいますので、注意しましょう。

まとめ

今回は糖質制限におすすめの油をご紹介しました。

油には多くの種類があり、料理などによって使い分けることが大切です。

MCTオイルやあまに油、えごま油、オリーブオイルなどうまく使い分けて使ってみましょう!

ちなみに身体の脂肪燃焼効果を高めるケトン体質になりたい方はMCTオイルがおすすめです!

>FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

最新の栄養学やトレンド情報、お得なサプリ情報が届きます。

CTR IMG