禁酒をする方法とは?1週間すると現れる効果について徹底解説

禁酒をする方法とは?1週間すると現れる効果について徹底解説

仕事で疲れた後はお酒を飲むという方は多いでしょう。

しかし、30代を超えてくると、次の日にお酒が残ってしまい、禁酒をする方も少なくありません。

また、健康診断で医師からお酒は控えてくださいと言われたことのある方も多いかと思います。

1日は禁酒ができても、禁酒3日目程度から我慢できなくなってきます

そこで今回は、どのように禁酒をするのか、また、禁酒を1週間すると現れる効果について徹底解説していきたいと思います。

そもそも禁酒をするにはどうすれば良いか

早速禁酒をする方法についてご紹介していきましょう。

禁酒をするのはそう簡単ではありませんが、自分の身体のためには我慢することも大切です。

まずは平日のみ禁酒をしてみる

そもそも禁酒をするにはどうすれば良いか まずは平日のみ禁酒をしてみる

お酒が大好きな方は毎日飲み物感覚でビールやハイボールチューハイを飲んでいる方がいますが、平日の5日間まずは禁酒をしてみましょう。

「そんなことできない」という方も多いかと思いますので、5日間我慢できないという方は、平日のうちまず3日禁酒をしてください。

こうすることによって、火曜日と木曜日のみお酒が飲めることになりますので、禁酒には効果的です。

急にお酒を辞めてしまうと、ストレスが溜まりやすく私生活でも仕事でも悪影響が出てしまいますので注意しましょう。

無理をせず徐々に少なくすることによって、今までの習慣を変えることができます

しっかりと禁酒できるように、カレンダーに禁酒の日を大きく書いておくのも効果的です。

ノンアルコールにチャレンジしてみる

そもそも禁酒をするにはどうすれば良いか ノンアルコールにチャレンジしてみる

アルコール飲料からノンアルコール飲料に切り替えることも効果的です。

ノンアルコール飲料は、その名の通りアルコールが入っていないため、禁酒には最適です。

しかし、味がまずいというお声も多いため、慣れるまでに時間がかかる方も多いかと思います。

慣れてしまえば問題ないのですが、それまでの期間我慢できるかが重要です。

無理をして飲む必要はありませんが、健康のために我慢するのも1つの手でしょう。

どうしても飲めない!という方は、上記で述べた平日の禁酒また飲む量を少なくしてみてください。

運動をしてみる

そもそも禁酒をするにはどうすれば良いか 運動をしてみる

仕事が終わったあと家に帰ってお酒を飲むというのが習慣になっている方は、その前に運動を取り入れてみましょう。

運動をすることによって、身体に疲れがたまりますが、その後にお酒を飲む気分にはならず禁酒に繋がることも多いです。

また、運動することによって身体の代謝が良くなりますので、健康にも良いことが挙げられます。

筋トレをやるのもいいのですが、健康志向の方は軽い筋トレランニングジョギングなどがおすすめです。

過度に身体を追い込んでしまうと次の日筋肉痛になりますので、程よい運動を心がけましょう!

しっかりとした意思を持つ

そもそも禁酒をするにはどうすれば良いか しっかりとした意思を持つ

そして何より大切なのが、しっかりと禁酒するという意思を持つことです。

これは禁酒以外にも共通していますが、何事も強い意志がないと辞めることができません

タバコがわかりやすい例ですが、禁煙をすると言ってしない方とする方で分かれますが、お酒も一緒です。

強い意志があれば辞めることができ強い意志があると思っていても誘惑に負けていては禁酒は難しいでしょう。

辞めると決めたら辞める誘惑にも負けない強い意志があればどんなことにも役立ちますので、粘り強く頑張りましょう。

禁酒を1週間すると現れる効果

では、1週間禁酒をするとどのような効果が現れるのでしょうか?

いくつかご紹介しましょう。

私生活や仕事に悪影響が出なくなる

禁酒を1週間すると現れる効果 私生活や仕事に悪影響が出なくなる

まず禁酒をして1週間経つと生活に変化が現れてきます。

お酒を飲んだ次の日は、お腹を壊したり胃がムカムカしたり良い気分で迎えられないことが多いかと思います。

お酒を1週間飲まなくなると、このような症状が出ないので、仕事に集中できるようになることに加え、自分の体調的にもプラスに働くでしょう。

ただし、急な禁酒をすると上記で述べたようにイライラする場合があるので、徐々にお酒の飲む量を少なくしていくことをおすすめします。

体調がよくなる

禁酒を1週間すると現れる効果 体調がよくなる

続いて1週間禁酒をすると体調が良くなります

これは、お酒の飲み過ぎによる二日酔いがなくなることが理由です。

また、二日酔いではない場合でも、次の日に頭がボーッとする感覚に陥ることがありますが、この症状もなくなります。

頭がボーッとすると、次の日の仕事が手に付かなくなりますので、今までこのような経験をしたことがある方は禁酒をした方がいいでしょう。

また、飲んだ次の日にお腹を壊すという方も多いかと思いますが、通勤電車での腹痛を抑制することもできます。

朝の通勤電車から腹痛に襲われると、その日の気分はあまりいいものではないので、このような経験がある方も禁酒をおすすめします。

目覚めが良くなる

禁酒を1週間すると現れる効果 目覚めが良くなる

禁酒をするようになってから朝の目覚めが良くなったという方も多いのではないでしょうか?

お酒を飲んだ次の日はアルコールの分解ができていない場合があります。

しかし、禁酒をするとそもそも次の日にアルコールが残らないため、朝の目覚めが良くなるのです。

目覚めが良くなると、1日の気分が上がるため、私生活にも仕事にも効果的と言えるでしょう。

朝からイライラするという方は、お酒が原因の可能性もありますので、1週間程度禁酒をして、確かめてみるのもいいかと思います。

どうしてもお酒が辞められない方は飲むお酒を変える

どうしてもお酒が辞められない方は飲むお酒を変える

ここまで禁酒の方法と、1週間禁酒をすることによって現れる効果についてご紹介してきましたが、「どうしてもお酒がやめられない!」という方もいるかと思います。

そのような方は、まずお酒の種類を変えてみましょう。

ビールや焼酎ウイスキー日本酒など様々な種類のお酒がありますが、飲むお酒を蒸留酒に変えましょう。

この蒸留酒はウイスキーや焼酎ウォッカなどのお酒なのですが、効率よくアルコールが分解されるため、二日酔いになりにくいと言われています。

逆に、ビールや日本酒ワインなどの醸造酒は、アルデヒドという成分が発生することにより、分解に時間がかかりますので、次の日にお酒が残りやすいです。

飲む量を徐々に少なくしていく必要がありますが、まずはこの蒸留酒に切り替えることから始めてみましょう。

まとめ

今回は、どのように禁酒をするのか、また、禁酒を1週間すると現れる効果について徹底解説してきました。

まずは、平日の5日間禁酒することから始めましょう。

急に禁酒をするとストレスが溜まるという方もいるかと思いますので、徐々に飲む量を少なくしていくのが効果的です。

最終的に辞めるためには強い意思が必要ですので、そこを乗り越えることができるかどうかが鍵になります。

健康のためにも少しずつ頑張ってみてください!

>FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

最新の栄養学やトレンド情報、お得なサプリ情報が届きます。

CTR IMG