【2020年急上昇間違いなし】忍ばせプロテインとは?手軽にタンパク質が摂取する方法をご紹介

【2020年急上昇間違いなし】忍ばせプロテインとは?手軽にタンパク質が摂取する方法をご紹介

ここ数年でタンパク質の重要性が徐々に浸透してきました。

今まではプロテイン=トレーニング時に飲むものでしたが、最近は徐々に日常生活に取り入れるものに変わっています。

そこで出てきた言葉がこの「忍ばせプロテイン」です。

今回は、忍ばせプロテインとは何か、また、忍ばせプロテイン以外のおすすめプロテインをご紹介します。

そもそも忍ばせプロテインとは

そもそも忍ばせプロテインとは

そもそも忍ばせプロテインとは、その名の通り食事の中にプロテインを「忍ばせて」取り入れることです。

日本人の60~70%程度はタンパク質が不足していると言われています。

これは食事から摂取できるタンパク質が足りておらず、他から摂取する必要があるということです。

そこで出てきたのが忍ばせプロテインであり、不足するタンパク質をしっかりと補うことができます。

これによりタンパク質不足がなくなりますので、肌のハリや髪のツヤがよくなるのがメリットでしょう。

また、爪も割れにくくなりますので、女性にもおすすめです。

忍ばせプロテインにはどのようなものがあるのか?

タンパク質を摂取するにはプロテインドリンクというイメージが強いでしょう。

しかし、実は私たちが普段から食べているものからでもしっかりとタンパク質を摂取することができます。

いくつかご紹介しましょう。

プロテインカレー

忍ばせプロテインにはどのようなものがあるのか? プロテインカレー
日成共益「プロテインカレー 」各520円

まずはプロテインカレーです。

カレーからしっかりとタンパク質が摂取できるのはかなり画期的ですよね。

プロテインが苦手な方でも、カレーからしっかりとタンパク質が摂取できれば、プロテインを飲む必要はないので、気になる方は試してみましょう。

味も普通のカレーと変わらないようです!

1食には20g以上のタンパク質が含有されているので、タンパク質が不足している日は3食のうち1食にこのカレーを置き換えましょう

誰もが好きなカレーからタンパク質を摂取できるようになったことにより、タンパク質が身近なものになっているのも良いですね。

プロテインウォーター

忍ばせプロテインにはどのようなものがあるのか? プロテインウォーター
キッカスアンドカンパニー「ハイプロテインウォーター マーブ」各330円

次はプロテインウォーターです。

普通のプロテインと何が違うの?」と感じる方も多いでしょう。

通常プロテインはシェイクをして飲むか色がついているものが多いのですが、このプロテインウォーターはなんと透明

まさに最先端のプロテインです。

通常のドリンクをこれに変えるだけで、タンパク質が10~15g程度摂取できますので、手軽にタンパク質を摂取したい方は試してみましょう。

トレーニング前後にもおすすめです!

プロテインアイス

忍ばせプロテインにはどのようなものがあるのか? プロテインアイス
スリーツインズアイスクリーム「スリムツイン」全4種1,200円

続いてはプロテインアイスです。

みなさんが普段食べているアイスにタンパク質がしっかりと入っているのは、まさに画期的な商品ですね。

日本ではプロテインが含まれたアイスは今の所少ないのですが、海外では多くのプロテインアイスが販売されています。

今後日本でも種類が増えていくことは間違いないでしょう。

コンビニで購入することができるようになれば、手軽にプロテインアイスを購入できるようになりますので、今後の展開が楽しみな商品です。

味も通常のアイスとほとんど変わりがないので、気になる方は是非試してみてください!

プロテインビール

忍ばせプロテインにはどのようなものがあるのか? プロテインビール
プロテインビール「ジョイブロイ」

最後はプロテインビールです。

このプロテインビールはノンアルコールですが、20g以上のタンパク質を摂取することができます。

ビールの中にタンパク質が入っている地点で驚きの商品ですね。

毎日1~2本ビールを飲む方であれば、プロテインを飲まずともビールからタンパク質が摂取できます。

トレーニーもトレーニング後に飲むことができますので、息抜きにぴったりの商品です。

試しにトレーニング後に一杯友人と乾杯するのはいかがでしょうか?

通常のプロテインからもタンパク質は怠らない

ここまで最先端の忍ばせプロテインについてご紹介しました。

みなさんが普段食べているもの飲んでいるものからもタンパク質がしっかりと摂取できるということに驚いた方も多いでしょう。

もちろん食事で足りないタンパク質はプロテインからの摂取でも問題はありません。

ホエイプロテインはおすすめできない

通常のプロテインからもタンパク質は怠らない ホエイプロテインはおすすめできない

多くの方がホエイプロテインを飲んでいるかと思いますが、ホエイプロテインはコスパ重視の方以外にはおすすめできません

ホエイプロテインは価格が非常に安いため、毎日3食以上プロテインを摂取する方であればホエイプロテインがいいでしょう。

しかし、動物性のホエイプロテインは、乳糖が含まれているので、日本人の体質には本来向いていないプロテインと言われています。

乳糖を摂取すると腹痛に襲われる方が多いため、トレーニング前に飲むとトレーニングに集中できなくなることもあります。

どうしてもホエイプロテインがいい」といいう方は、乳糖がほとんど含まれていないWPI製法で製造されたホエイプロテインがいいでしょう。

植物性プロテインがおすすめ

通常のプロテインからもタンパク質は怠らない 植物性プロテインがおすすめ

プロテインからタンパク質を摂取する場合は、植物性プロテインがおすすめです。

植物性のプロテインは体に優しいため、健康的な生活を送りたい方植物性プロテインからタンパク質を摂取しましょう。

植物性プロテインの中にはソイプロテインやピープロテインヘンププロテインなどがありますが、この中でもピープロテイン効果安全性共に高いので、特におすすめです。

ピープロテインは今まで「味がまずい」「効果に期待ができない」などと言われていましたが、現状これらの問題点は改善されています。

また、植物性プロテインの中で唯一筋肉増強効果があるのもピープロテインですので、健康志向で体を鍛えたい方は是非試してみていただきたいプロテインです。

まとめ

今回は、忍ばせプロテインとは何か、また、忍ばせプロテイン以外のおすすめプロテインをご紹介しました。

最近はプロテイン=筋トレをしている人が飲むものではなく、日常生活に取り入れるものという認識に変わっています。

タンパク質をしっかりと摂取することは、体作りに欠かせないので、どんどん取り入れていきましょう。

ちなみにタンパク質の摂取量は体重×1g、または、2g程度ですので過剰摂取には注意が必要です。

みなさんも健康的な毎日を送るためバランスの取れた食事・適度な運動を心がけましょう!

>FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

FitPiperのLINEを今すぐ友だち追加しよう。

最新の栄養学やトレンド情報、お得なサプリ情報が届きます。

CTR IMG